サイトトップ

メイク落とし,肌に優しいクレンジング

メイク落としの正しい順番

メイク落としは、油分の多いパーツから始めましょう。
鼻やおでこなどのTゾーンから始めて、頬やアゴなどのUゾーンへ進みます。
上から下方向にクレンジングを馴染ませながら、メイクを浮かせていきましょう。

指の腹を軽く肌に当てて、クレンジングの素材自体を動かすようにクルクルと馴染ませていきます。
小鼻の周りや口周り、生え際なども忘れず、クルクルしましょう。
間違っても、肌をゴシゴシとこするようにクレンジングをしてはいけません。

メイク落としのすすぎの温度

すすぐ時のお湯は、熱いお湯を使ってはいけません。
クレンジングをした時は、肌の汚れを浮かせているので、肌に纏っている物が無いとも言えるような肌状態です。
そんな時に熱いお湯で洗い流してあげると、必要な皮脂等も一緒に洗い流してしまいます。
必要な皮脂等が無くなると、乾燥肌に導いてしまい、敏感肌度も悪化させてしまいます。

すすぎのお湯の温度は、32度位が理想です。
ちょっとぬるめの温度ですが、肌に必要な成分を残しながら、綺麗に洗い流す事が出来る温度です。

すすぐお湯の温度次第で、肌の質を変えてしまうと言われています。
すすぐ時のお湯の温度には、特に気を掛けるようにしましょう。

肌に負担を掛けないメイク落としを選ぼう

肌に負担を掛けないメイク落としは、ミルクタイプかジェルタイプが優れています。
メイク落としの際に、肌摩擦を与えてしまうのが1番してはいけない事です。
ミルクタイプやジェルタイプは、テクスチャーが硬めな方なので、肌と指の間にクッションが出来るので、肌負担を少なくさせる事が出来ます。

不向きなメイク落としは、オイルタイプやふき取りタイプです。
オイルタイプのメイク通しは、油分や界面活性剤が多く含まれている物が多いです。
肌への負担が非常に多いので、肌の弱い方には不向きです。

シートタイプも、界面活性剤を多く含んでおり、シート型なので摩擦力が高くなってしまうのが、難点と言えます。
大変便利なシートタイプですが、どうしても使わなければいけない時以外は、使うのを避けるようにしましょう。

肌に優しいメイク落とし選びの為の内容をチェック

肌に優しいと言えるメイク落としは、油分と界面活性剤の少ない物です。
特に界面活性剤は、メイク落としをする為に必要な成分です。
出来れば、合成のものではなく天然の界面活性剤配合の物を、選ぶと良いでしょう。

ジェルタイプは、水性の物が大半なので、油分の負担を掛けずに済むので理想的と言えます。
ただし、洗浄力はオイルタイプよりは劣ってしまいます。
その為、ジェルタイプを使う時は、濃いメイクをするのは避けましょう。

また、クレンジングと洗顔料がダブルで入っており、1度でメイク落としと洗顔が出来る物がありますが、肌への負担が大きいと言われております。
1度で2つの工程を出来るのは便利ですが、肌への負担を考えると避けるべきと言えるでしょう